私たちについて

ACT Laboratory(Accessible Tools Laboratory)は、プログラミングを学ぶ視覚障害者の集まりです。

私たちは、画面読み上げソフト(スクリーンリーダー)で使用できるソフトウェアの開発を行っています。
1人でも多くの方に利用していただける、より便利で、より使いやすいソフトウェアを開発すべく活動を続けています。
ここで公開しているソフトウェアを利用してのご意見やご感想は、電子メールや掲示板への書き込みなどでお知らせください。
皆様から頂くご意見も参考にしながら、よりよいソフトウェアを制作していければと思っています。

団体概要

名称 Accessible Tools Laboratory (アクセシブル・ツールズ・ラボラトリ)
活動内容
  1. アクセシビリティに配慮されたソフトウェアおよびサービスの開発と普及啓発
  2. アクセシビリティに配慮された製品を開発できる人材の育成と相互交流の推進
  3. その他、当会の目的を達成するために必要な事業
設立 2020年12月26日
会員数 5名 (設立日現在)
所在地 東京都世田谷区
活動場所 東京都内・オンライン
連絡先
  • メール :support (at) actlab.org
  • Twitter:@act_laboratory ※全てのアカウントからのダイレクトメッセージを受け入れています。
  • 掲示板 :こちら

メンバー紹介

吹雪

研究よりもフリーソフト制作の方が好きな大学院生、弱視。

中学時代、「素因数分解などの数学の宿題をPCに解かせたい」との思いからプログラミングをはじめ、気づけば10年程が経過。

このラボのインフラ(サーバやアップデート配信システムなど)の管理、法務、総務などを仕方なく担当しているが、一刻も早くインフラが好きな方をメンバーに加えて解放されたいと望んでいる。

無事に大学院を修了することができれば、2021年4月からウェブサービスを開発するエンジニアとして働ける内定を持っている。

最近は情報処理安全確保支援士試験に合格し、次のターゲットを検討中。

猫ちゃん

えんじ🐱にゃー。ウェブ系フィンテック企業で、サーバーサイド開発をしている。

小学生時代から数々のゲームを製作・公開してきており、ここ数年は東京ゲームショーへの出展などをきっかけに数々のメディアに取材されている。

藤井弘毅

大阪府出身の大学生。弱視。

鍼灸の免許は取得したが、情報分野に浮気して大学に進み、今に至る。

プログラミングは大学から始めたので、まだまだ新参者。

普段の大学での活動の合間に、自身のスキルアップとその他色々な目的で、ソフトウェア開発を行っている。

どうせ作るなら、人様に見せられるものを制作したいと思う。

北畠一翔

兵庫県出身。全盲。

小学3年生からコンピュータを使い始める。

現在は「アクセシビリティ」を主なテーマとし、音声読み上げ環境での利用が難しいソフトウェアについて、どうすれば快適に使用できるかを研究している。

また、2019年頃よりプログラミング言語「python」の学習を開始。「全盲」という自分の特長を生かしつつ、使いやすいソフトウェアを開発すべく日々奮闘中。

その他、

全盲ミュージシャンかしわもちかずと

として、音楽活動も行っている。

グレドラ

全盲の高校生で趣味はプログラミングやアニメとかたくさんある。
学生生活の傍ら趣味でプログラミングをしている。
たまに、アニメにはまり込んで、開発が進まないことがあったりする。
最近は、プログラミングで、面倒な作業を自動化することにはまっている。